岩手県宮古市・わかめに託した復興への希望

岩手県宮古市・わかめに託した復興への希望

白い雪が積もる山間の道を車で抜けると、リアス海岸の入り江には2、3隻の小船が停まっている--。ここは、日本一のわかめ漁獲量を誇る岩手県宮古市。中でも、漁協単位で生産量トップの重茂地区は住民400世帯の9割以上が漁業を生業としている。

東日本大震災では、津波の甚大な被害を受け、海辺に建つわかめ加工施設や住宅、スーパーは全て呑み込まれてしまった。814隻あった船は、わずか16隻しか残らなかった。1650人の住民の内50人は未だ行方不明のままだ。

絶望に包まれた震災から1年経った今、静かに復興への道が見え始めている。昨年5月にがれきの撤去作業が終わり、「漁業の復興には、船600隻は必要」と、重茂魚協組合参事の高坂菊太郎氏(=写真=)は考えていた。国からの補助金を待つ組合が多い中、重茂漁協は「それでは、次のわかめ収穫期に間に合わない」との英断を下し、復旧用の補助金約130億円を漁協で立て替えた。結果、320隻まで船が揃った。

6月から、ほぼ全壊の養殖施設を半数まで修復し、7月には養殖わかめの種付けに間に合った。すでに今年2月までに、早採りわかめを出荷し、3月14日には震災後初の本格的なわかめの出荷が始まった。その後は、新造船100隻の新たな入荷も決まっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT