原発のコスト エネルギー転換への視点 大島堅一著 ~規制業種が陥りやすい典型的な罠に注意を喚起

電力会社や政治家、政府、研究者、メディアらが構成する原子力複合体が、いかに安全性軽視の原子力政策を策定していったかも断じる。ノーベル経済学賞を受賞した故スティグラー教授は、規制業種に関する研究で、「一般に規制当局は対象産業の囚われの身となり、その産業の利益になるように政策を設計、運用する」と論じていた。原子力複合体の暴走も「囚われの身」理論が当てはまる。賄賂や退職後の職の提供といった矮小な話ではなく、関係者が規制業種の価値観に深く共感し、同じ思考になっていく。皆一国の将来を考えていたはずだが、いつの間にか社会の常識と乖離し、国民の利益が損なわれた。規制業種が陥りやすい典型的な罠であることを肝に銘じ、電力市場改革を進める必要がある。

おおしま・けんいち
立命館大学国際関係学部教授。専攻は環境経済学、環境・エネルギー政策論。1967年福井県生まれ。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。高崎経済大学専任講師・助教授、立命館大学助教授を経て、2008年より現職。

岩波新書 798円 221ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。