三木谷構想"2020年観光客1億人計画"とは?

「日本のプラットフォームを変えればできる」

山田:変革をどのように進めていくべきですか。

三木谷:全く違う世界が広がっていくことを前提に、その時代に合わせた法律に変えていくという基本姿勢がまず必要で、継ぎ足し継ぎ足しの政策では難しい。日本を新世紀のプラットフォームに変えるんだ、という発想が必要だと思いますね。

網羅的にやっていく必要がありますが、メリハリは必要でしょう。100兆円の経済効果を生み出すような発想をしないと。

山田:海外からの観光客は経済効果が大きいですね。

三木谷:日本への観光客数は、もともと2020年に2000万人という目標でしたが、前倒しで達成できてしまう。であれば僕が言っているのは、2020年の目標を3000万人ではなく1億人にしよう、ということです。1億人で少なくとも20兆円はプラス効果がある。日本をシリコンバレーのように世界から人が集まって働く場所にすることも、大きな政策になる。世界中から人が集まるようになれば100兆円くらいの経済効果があるでしょう。

今でも、日本ではモノづくり神話が根強い。しかし、これからはモノづくりは厳しい。自動車産業の規模は劇的に小さくなっていく可能性があるので。

山田:化石燃料を使ったエンジンから電気モーターに変われば部品が減る、と。

シェアリングエコノミーで自動車産業は縮小する

自動車は「シェアリング」がもっと進んでいく?(写真は横浜で行われている社会実験「smaco」)

三木谷:いや、そうではなくシェアリングエコノミーによってです。基本的に、現在の車の稼働率は2%だそうです。5つ座席があるところ運転手1人しか乗っていない状態を稼動率20%と計算し、実際に動いている時間を24時間で平均すると、人が乗っている座席数は2%しかない。これはアメリカの数字ですけれども。

要するに、98%の座席は無駄になっているということ。それをシェアリングにより効率化することで稼動率を高め、そこで浮いたお金をもっと意味のあるところに使いましょうとなるはずです。

次ページ自由に民泊できるのが新しい世界
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT