三木谷構想"2020年観光客1億人計画"とは?

「日本のプラットフォームを変えればできる」

三木谷浩史(みきたに ひろし)/1965年神戸市生まれ。88年一橋大学卒業後、日本興業銀行に入行。93年ハーバード大学にてMBA取得。興銀退職後、96年クリムゾングループを設立。97年2月エム・ディー・エム(現・楽天)設立、代表取締役就任。同年5月「楽天市場」を開設。2000年にジャスダック上場。12年6月に発足した一般社団法人新経済連盟の代表理事を務める(撮影:今井康一)

三木谷:いろいろな意見があってもいいと思いますけど、カジノがなくても日本にはいっぱいお客さんが来ると思うからです。

もともと観光客を2000万人にするためにカジノを含む大型複合施設が必要だと言っていましたが、もう2000万人にいっちゃう。仮にカジノをやるのだとすれば、外国人に限定したほうがいい。

山田:韓国方式がいいと。

三木谷:そう、韓国方式。そもそもカジノがあるところは、観光資源が少ないところです。マカオ、ラスベガスなどは、残念ながら、ほかに観光資源がない。日本のように豊かな観光資源があれば、あえてカジノをやることはない。これは、あくまで僕の個人的な考え方です。

観光地を繋ぐ交通の問題をどう解決するか

楽天は、LCC大手のエアアジア・ジャパンに出資している(撮影:尾形文繁)

山田:全国の観光資源を生かすためには、日本の交通費の高さ、予約のしにくさなど、改善すべきポイントがあります。仮に地方の古民家に宿泊できるようになったとしても、「どうやって行くのか」という課題がある。長距離バスばかりになっていくでしょうし、移動にあまり時間が掛かるようであれば、流行らない。運賃が高すぎても流行らないと思います。

三木谷:東京とマレーシアの往復が3万円ぐらいの時代に、大阪往復のほうが高いっていう話ですよね。先ほど申し上げましたとおり、オープンにしていく、競争を促進していく、それから国際標準に合わせていくということが重要になる。そこが経済を成長させていくキモだと思います。

東南アジアのツーリズムが毎年2ケタの成長を続けており、その一番大きな源泉はLCC(格安航空会社)です。海外の事例は知っておくべきだと思いますね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。