「第5の戦場」サイバー戦の脅威 伊東寛著

「第5の戦場」サイバー戦の脅威 伊東寛著

2011年9月に三菱重工業がサイバー攻撃を受けたというニュースはまだ記憶に新しい。社会の中枢を担うインフラシステムは複雑化し、今では技術者でさえその全貌がわからなくなっているほどだという。便利になる一方で脆弱性を増す社会。私たちの生活そのものが危険にさらされている、と著者は指摘する。

米国防総省は「サイバー空間」を陸・海・空・宇宙空間に次ぐ「第5の戦場」であると宣言し、武力をもって反撃することを明言した。現実のものとなるサイバー戦争に日本はどう対処していくべきなのか。陸上自衛隊システム防護隊初代隊長として最前線にいた著者が、見えない戦争の脅威を解説。遅れの目立つ日本の現状に警鐘を鳴らす。

祥伝社新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。