【産業天気図・医薬品】07年度は薬価引き下げなく全般「晴れ」へ。が、忍び寄る頻回改定の暗雲

医薬品業界の07年度は2年に1度行われる薬価改定(引き下げ)がなく、「晴れ」となる。生活習慣病薬や有力な長期処方薬を持つ武田薬品工業<4502.東証>、アステラス製薬<4503.東証>、第一三共<4568.東証>、エーザイ<4523.東証>など、大手を筆頭に、おおむね増益となろう。
 業界の収益を圧迫する最大の要因は薬価引き下げだが、今後それが増大するリスクがある。医療費増大を背景に「頻回改定」が真剣に検討されているのだ。引き下げ幅等にもよるが、仮に現実化すれば、新薬の乏しい中小医薬品メーカーに、大きな影響を及ぼすことになるだろう。毎年改定案が昨年一旦見送りとなったが、再燃が予想され、議論の行方が注目される。
 なお、沢井製薬<4555.東証>、東和薬品<4553.東証>、日医工<4541.大証>などジェネリック(後発)医薬品のメーカーの07年度は、やはりおおむね「晴れ」。昨年4月の処方箋改定直後ほどの特需はなくなるものの、政府の奨励策は陰に日向に続くと思われる。
【高橋由里記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT