ネイマール、W杯南米予選で2試合に出られず

チリ戦、ベネズエラ戦は出場停止

 10月2日、スポーツ仲裁裁判所は、サッカーのブラジル代表FWネイマールが受けていた出場停止処分を不服としたブラジル連盟の訴えを退ける判断を下した。米マサチューセッツ州フォックスボロで9月撮影(2015年 ロイター/Winslow Townson-USA TODAY Sports)

[2日 ロイター] - スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2日、サッカーのブラジル代表FWネイマールが受けていた出場停止処分を不服としたブラジル・サッカー連盟(CBF)の訴えを退ける判断を下した。

ネイマールは6月の南米選手権で4試合の出場停止処分を受け、処分に従って大会中に2試合を欠場。CBFは処分の対象となるのは南米選手権だけだと主張していた。

CASの裁定により、ネイマールは2018年ワールドカップ(W杯)南米予選で8日のチリ戦、13日のベネズエラ戦に出場できないことになった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。