ネイマール、W杯南米予選で2試合に出られず

チリ戦、ベネズエラ戦は出場停止

 10月2日、スポーツ仲裁裁判所は、サッカーのブラジル代表FWネイマールが受けていた出場停止処分を不服としたブラジル連盟の訴えを退ける判断を下した。米マサチューセッツ州フォックスボロで9月撮影(2015年 ロイター/Winslow Townson-USA TODAY Sports)

[2日 ロイター] - スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2日、サッカーのブラジル代表FWネイマールが受けていた出場停止処分を不服としたブラジル・サッカー連盟(CBF)の訴えを退ける判断を下した。

ネイマールは6月の南米選手権で4試合の出場停止処分を受け、処分に従って大会中に2試合を欠場。CBFは処分の対象となるのは南米選手権だけだと主張していた。

CASの裁定により、ネイマールは2018年ワールドカップ(W杯)南米予選で8日のチリ戦、13日のベネズエラ戦に出場できないことになった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT