白いドライバーで絶好調のテーラーメイド社長が語るイノベーションの秘密

白いドライバーで絶好調のテーラーメイド社長が語るイノベーションの秘密

世界的なスポーツ用品メーカー、アディダス・グループのゴルフ部門であるテーラーメイド・アディダス ゴルフカンパニー(TMA)。先進国の経済悪化で世界のゴルフ市場が縮小している中、TMAは白いヘッドのドライバー「R11」シリーズなど次々とヒットを飛ばしている。

業績も好調で、2008年度、09年度、10年度と3期連続増収。さらに11年度も第3四半期(1~9月)までで売上高は14%増(為替要因を除くと17%増)。通年でも15%程度の伸びとなった様子。いまやゴルフ用品メーカーでナンバーワンの地位にある。

ジャパン・ゴルフ・フェアのために来日した同社のマーク・キングCEO兼プレジデントに好調の要因などを聞いた。


--世界のゴルフ市場が低迷しているが、R11のヒットなどTMAが絶好調な理由は。

 イノベーションを起こすことができているからだ。それにより業績も良くなっている。

新しい製品、目を引く白いクラブや、ロケットボールという革新的な製品名を付けたり、消費者の注目を浴びるような、今までと違うやり方で製品投入ができているからだ。

特に米国市場全体はここ数年低迷している。しかし、エキサイティングな製品を投入することができれば、消費を喚起することができるし、成長の余地はある。

--R11のヒットで、白いヘッドのドライバーはすっかり定着した。しかし、R11が出てくる前、ドライバーのヘッドは黒が常識だった。そうした常識を打ち破ることができたのは、組織やマネジメントで何らかの変更があったのか。

7、8年前、われわれが持続的な成長をするためにはもっとスピードアップしなくければならないと認識した。2、3年ごとにイノベーションを起こすのではなく、毎年イノベーションを起こす必要がある、と。

まず、製品サイクルを3年から1年に短縮したら、マーケットシェアが1年で増加した。熱心なゴルファーは毎年新しい製品を望んでいるのだ。そのことで、わが社に期待されていることは、絶え間ないイノベーションの実現だと考え、すべてのカテゴリーで12カ月に1回イノベーションを起こすことを目標にした。

そのために2つの大きな組織の変化があった。1つは、従業員の考え方や姿勢の変化。1年に1度イノベーションを起こすことは可能だ、という考え方に変わった。

もう1つ。もっと重要なことは、多くの従業員からイノベーションのアイデアを募るようになったことだ。それまでは少人数しかイノベーションにかかわっていなかったが、より多くの従業員がイノベーションのアイデアを出せるようにした。以前は特定の1人が、どういう製品にするか、製品名や見栄えをどうするかを決めていたが、今では20人くらいがディスカッションをして決めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT