2011年広告市場は4年連続のマイナス成長、媒体ごとの傾向に大きな変化ないが、従来ケータイ向け広告が縮小に転じる

大手広告代理店の電通は、23日、2011年の日本の広告費集計を発表した。それによると、総広告費は5兆7096億円で、前年比▲2.3%のマイナスとなった。08年以降、4年連続のマイナス成長だ。年前半の東日本大震災による影響が大きかった。

 主要媒体別の傾向は10年からの傾向に変化は見られない。インターネット広告の成長が続く(+4.1%)一方で、テレビ(地上波)は横ばい(前年比▲0.5%)、新聞(▲6.3%)、雑誌(▲7.0)の凋落は著しい。BSテレビなど衛星メディアは、地デジ化によるテレビの買い換えで受像器の普及が進んだことから13.6%増と成長に弾みが付いた。

 インターネット広告はパソコン向けは堅調だった一方、モバイル向けは▲2.7%と一転して落ち込んだ。これは、急激なスマートフォンの普及で従来型携帯向けの広告が落ち込んだため。スマホ向け広告は大きく伸びたが、資金の一部はアプリ制作などに回ったと見られ、広告媒体費としてのモバイルはマイナスになった。

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。