41.7%--「政策の変化」が経営に影響を与えるとした中小企業の割合《気になる数字》

産業能率大学が行った「2012年の中小企業の経営施策」調査によると、昨年、経営に最も影響を与えた要因は「自然災害」で、今年、最も影響を与えそうな要因は「国の政策の変化」という結果になった。この調査は、従業員6人以上300人以下の企業の経営者を対象に、11年11月下旬から12月初めにかけてインターネットで行われた。

11年に経営に影響を与えた要因で影響度の大きいもの3つは、「自然災害」が48.1%でトップ。以下、「需要の不足」「国の政策の変化」「国際情勢の変化」と続く。昨年調査の予想と比べると、「円高」「原材料高」「人材不足」が想定を大幅に上回った一方、「国の政策の変化」は想定以下だった(「自然災害」は今回追加された選択肢)。

12年に影響を与えそうな要因は、「国の政策の変化」が41.7%と最も多く、以下、「需要の不足」「国際情勢の悪化」「業界構造の変化」「円高」「人材の不足」の順。11年実績と比べると、「需要不足」が微減となったのに対して、「政策の変化」や「円高」「国際情勢の悪化」などが上回っている。10年実績からの推移を見ると、「国の政策の変化」や「需要の不足」は割合こそ高いものの減少傾向にある。代わって、「国際情勢の悪化」や「円高」「原材料コストの増大」などのウエートが増している。中小企業を取り巻く環境の変化がうかがえる。

(『東洋経済 統計月報』編集部 =週刊東洋経済2012年2月18日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。