激震!10月1日から加盟店側に新たな負担

偽造カード対策を怠ると補償責任が発生

クレジットカード取引に関するセキュリティ強化については、14年から成長戦略の一環として政府も乗り出した。これを踏まえて今年3月にはカード会社のほか、決済代行会社、大手流通企業、電器メーカーなどが参加する業界横断的な協議会が発足。7月には「中間論点整理と今後の検討の方向性」が取りまとめられた。ここでは、「IC化対応の遅れによる日本のセキュリティホール化の懸念」が指摘され、「現行のPOSシステムの全面的なIC化対応システムへの転換」などが具体的な導入方策の一つとして示された。

もっとも、こうした対策の必要性の指摘は今に始まったことではない。日本でクレジットカードのIC化がスタートしたのは1990年代後半で、世界でも早いほうの部類だった。だが、「費用対効果」などを理由に特に大手流通業のPOS端末のIC化は一向に進まないまま、ライアビリティシフトの導入が先に来てしまった。

ライアビリティシフト自体には、「不正防止のためにICカード化を進めた発行会社(イシュアー)の労力に報い、対応が遅れた事業者に痛みを感じてもらう」(前出の井原氏)という意図がある。今後、大規模な偽造被害が起きた場合には、加盟店管理会社(アクワイアラー)や流通業などの加盟店が被害の補償を迫られることになる。カードセキュリティ強化に躊躇する企業は、確実に外堀を埋められつつある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。