パナソニック、次世代テレビは“不戦敗” 

重すぎた「プラズマ集中」のツケ《上》

 

サムスンに近い関係者は、「サムスンの有機ELは液晶並みか、それ以下のコストダウンを視野に入れている」と言う。体力勝負に突入するのは時間の問題で、進むも退くも茨の道だ。家電のニューリーダーとなった韓国勢の背中は、はるか遠くになってしまった。

日本勢の中でも、メード・イン・ジャパンを貫き、プラズマテレビに社運を懸けたパナソニックは、とりわけ厳しい状況に置かれている。10年前なら「大型画面はプラズマ、中小型は液晶」とすみ分けできたが、液晶の技術進化は速かった。

プラズマテレビは、日本発祥の技術だ。富士通がカラー化と大画面化に成功し、NEC、パイオニア、日立製作所など各社が相次ぎ参戦。次世代の大画面テレビの本命とされてきた。

流れが変わったのは、2005年あたりからだ。シャープをはじめとする液晶陣営が大画面化に成功し、大画面テレビでプラズマに真っ向勝負を挑んできた。サムスンをはじめとするアジアメーカーも液晶パネルの大型工場建設に乗り出し、投資合戦を避けたいNECや富士通がプラズマパネル生産から撤退した。

 

 


液晶勝利の転機はソニーのプラズマ離脱

自社のパネル工場を持たないソニーも、05年にプラズマテレビから撤退。液晶テレビに特化するためにサムスンと液晶パネルの合弁会社「S−LCD」を設立した。

ソニーの元役員はS−LCDの背景について、「液晶が主流になるのは明らかだった。世界のパネル工場の建設計画を見るかぎり、液晶の“作付面積”は圧倒的でプラズマとの勝敗は目に見えていた」と振り返る(11年末にサムスンがS−LCDの全株を買い取り合弁解消)。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT