ビル新築ラッシュで広がる2次空室の波紋

 

 

東京都心でオフィスビルの建設が相次いでいる。1月に三菱地所が手掛ける千代田区の丸の内永楽ビルやパレスビルが竣工。春にJPタワー、秋には大手町フィナンシャルシティなどが続々と開業を迎える(図)。

不動産専門のシンクタンク、都市未来総合研究所によると、2012年に東京23区内で供給予定のオフィス面積は268万平方メートル。直近10年間では、03年の298万平方メートルに次ぐ規模になる見込みだ。中でも、丸の内や大手町といった東京駅の西側を中心とする千代田区一帯は、その4分の1を占める。

景気が低迷する中でも、新しいオフィスビルへの需要は根強い。東日本大震災後、耐震性や安全性が高いビルの需要が高まっていることに加え、1フロアが広く、企業がグループ会社を集約することによる効率化が見込めるためだ。

 

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。