リンクトインの広告は狙った客に突き刺さる

フォロワーが少なくても、効果が高い

しかし、「スポンサード・アップデート」は急成長を遂げた。LinkedInのマーケティング・ソリューション部門、商品企画部長であるラッセル・グラス氏は、「インフィード広告」はLinkedInが開発を進めるメディア運営プラットフォームの拡大に繋がり、2014年2月から社員の多くがこの開発に携わっていると話す。

「最終的にLinkedInを、ビジネスパーソンがビジネス上の目標を高め合い、仕事を成功させるために集う場所にしたいと考えている」とグラスは話した。「この目標を達成するにはコンテンツの質と評判を高め、顧客からの引き合いを欠かすことはできない」

「スポンサード・アップデート」は、モバイルの画面いっぱいに表示されるため、モバイル機器にもっとも適していると、グラス氏は説明する。LinkedInに接続するデバイスの半分以上は、モバイルだからだ。

なぜ、LinkedInのフィードは広告価値があるのか

LinkedInの顧客であるソフトウェア開発会社「パーコレート(Percolate)」。成長戦略担当者のクリス・ボールマン氏によると、LinkedInはフォロワー約1万2000人程度にしかリーチできないが、ほかに類を見ない登録メンバーの質とターゲティング能力を評価しているという。結果として、パーコレートにとってLinkedInは最大のデジタルマーケティングの対象となっているのだ。

「LinkedInでプロフィールをごまかした場合、社会的に厳しい目が向けられる。そのため、私たちのメッセージが的確な人に届けられているとわかる」と、ボールマン氏は語った。「今までオーガニックリーチを見てきましたが、結果はかなりよいものだった。私たちが何かを投稿すると、パーコレートのフォロワーの半分に届く。Facebookではよくて10%にしか届かない」

LinkedInはB2B広告収入を得るパブリッシャーの手強い競合になるかもしれない。ニューヨークの広告代理店「The Gate Media」のパフォーマンス・マーケティング部長クニック・カペイディア氏も「スポンサード・アップデート」を利用している1人だ。「もしニッチなB2B読者を追いかけるならLinkedInほど適切なプラットフォームはありません」とカペイディア氏は話した。

Lucia Moses (原文/訳:小嶋太一郎)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
「ネイティブアド」の良い例なんて見たことない:失業中コピーライター(54歳)の告白
7億人に届く、Twitterの最新プロモツイート。「投稿っぽい」広告スタイル

ネイティブアド表記に関する、米の調査結果~広告主&読者にとって最適な表現とは?

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT