日経平均の寄り付き、下げ幅は200円超に

海外情勢の不透明感が影響

 9月28日、日経平均株価は前営業日比69円39銭安の1万7811円12銭と反落してスタート、一時200円超の下げとなった。都内で先月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 28日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比69円39銭安の1万7811円12銭と反落して始まっている。前週末の米国株がまちまちで手がかり材料は少ない中、海外情勢の不透明感などが意識され、売りが先行した。

一時は約110円程度とみられる配当落ち分を埋めてプラス圏に浮上したが、再び売り直される展開。今週は日米中で経済指標の発表も多く、積極的な買いは入りにくいとみられている。下げ幅は200円を超えた。鉄鋼、商社、保険などが安い。倉庫・運輸関連はしっかり。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。