1811億円--2011年の映画興行収入《気になる数字》

日本映画製作者連盟が発表した2011年の映画の興行収入は、1811億円だった。2207億円と過去最高を記録した10年に比べて17.9%の大幅減で、3年ぶりに2000億円を割り込んだ。

要因として、東日本大震災の影響が挙げられるが、「作品そのものの力が弱かった」(迫本淳一・松竹社長)というように、大ヒット作に恵まれなかったこともある。現に、邦画のトップは、スタジオジブリのアニメ映画『コクリコ坂から』で興行収入44.6億円。邦画で50億円超の作品が1つもなかったのは、00年以来となる。

洋画は96.7億円を記録した『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』など、3本が50億円を上回ったが、洋画全体は816億円で前年比20.3%の減少。邦画(995億円、前年比15.8%減)よりも落ち込み幅は大きく、「洋画離れ」は深刻さを増している。

また、同時に発表された11年末現在のスクリーン数は前年比73スクリーン減の3339スクリーン。18年ぶりにスクリーン数が減少に転じた。シネコンの数が飽和状態になり、淘汰の時代を迎えている。「当たり前の存在になったシネコンに飽きが来たのではないか。対策を考えないといけない」と岡田裕介・東映社長。作品、上映館共に新たな風を吹き込んで観客を取り戻せるかが、今年の映画界の課題といえるだろう。

(宇都宮 徹 =週刊東洋経済2012年2月11日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。