苦境ソニー、平井一夫次期社長が会見、問われる改革の実行力


--8期も連続でテレビ事業の赤字が続いた。何を間違えたと考えるか?

ストリンガー氏 CEOだから明らかに私に責任がある。しかし(CEOに就任してから)3年間でコスト削減を行って5%の利益率を達成した。その後はリーマンショックで他社も含めて事業が後退したが、明らかに回復へと向かっていた。本来ならば、今12年3月期は3500億円の営業利益を上げるはずだったが、災害などに見舞われた。きちんと利益を上げていれば、私を無視してみんなが平井氏を見ることなどなかっただろう。

--イメージセンサや内視鏡の戦略について。オリンパスとの状況は?

平井氏 オリンパスとはさまざまな分野、中でもメディカル分野では以前から取引している。いろいろな報道がされているが本日はコメントを控えたい。

--ストリンガー会長が就任してから、株価は65%下落した。ソニーの株価を見ているか?

平井氏 株価についてはコメントを差し控えたい。ただソニーは大変厳しい状況に置かれているし、他社も苦しい状況にある。これからソニーを新たなステージに持って行くには、今までの路線のままでいいわけではない。選択と集中、新しいビジネス領域の発展に向けて、ソニー自体をトランスフォーメーションしていかなければならない。

新マネージメントチームで強い意志をもって、ワンチームとして1つの方向に向かって連携をとり、リーダーシップをもって推し進めたい。ビジネスがうまくいけば素晴らしい商品をお届けできるようになるし、株主にもリターンできると考えている。

--平井氏はゲームと音楽事業の経験が長く、エレクトロニクスの出身ではない。痛みを伴う改革を行うと社内の反発もあると思うが、本流でないトップとして改革を進めていくうえで強みとなることはあるのか?

平井氏 よく聞かれる質問だ。私はプレイステーションビジネスに長く携わってきた。その柱の1つはハードウェアであり、一度プラットフォームを開発すると長いライフサイクルにしなければならず、失敗が許されない厳しいビジネスだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?