アップル配信アプリがマルウエアに感染

感染したアプリはすべて除去

 9月20日、米アップルのアップストアで配信されているアプリの一部が悪意のあるソフトウエア(マルウエア)に感染していることがわかり、同社は感染したアプリをアップストアから取り除いていると明らかにした。ニューヨークで7月撮影(2015年 ロイター/Mike Segar)

[ボストン 20日 ロイター] - 米アップル<APPL.O>のアップストアで配信されているアプリの一部が悪意のあるソフトウエア(マルウエア)に感染していることがわかり、同社は感染したアプリをアップストアから取り除いていると明らかにした。

アップストアへの大規模なセキュリティー攻撃では初めてのケース。

アップルの広報担当者は「アップストアから、偽造ソフトウエアで作られたと確認したアプリを全て取り除いた」と明らかにした。

研究者によると、マルウエアに感染したアプリは、騰訊控股(テンセントホールディングス)<0700.HK>のチャットアプリ「微信(ウィーチャット)」や配車アプリ「Didi-Kuaidi」など。

アップルは、「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」のユーザーが感染を確認できる方法などについては明らかにしていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。