日本株、大型連休後はどうなるのか

市場はなお「波乱含み」の展開が続きそう

9月21日(月)は安倍首相の誕生日。「安保法案成立」後の日本株はどうなるのだろうか(写真:Rex Features/アフロ)

なぜ日本株は依然上下に激しく動いているのか

前回の当コラム「米雇用統計後の日本株はどこで下げ止まるか」(9月5日付)では、「薄皮がはげるように、現在市場を覆っている不安心理が後退することで、日経平均株価はまず目先の底値圏を形成した後、二進一退、三進一退と、地道に上昇基調をたどる」と述べた。

また「日経平均の予想レンジは1万7500~1万8200円と、1万7500円水準を叩いたあとは徐々に持ち直す」とも予想した。

実際の日経平均は、9月8日(火)にザラ場で1万7415円まで下押しし、予想下限から84円ほど外してしまったが、その水準からは切り返し、いったん1万8000円台を回復した。

その点では想定に沿った展開であったものの、日経平均の変動は激しく、二進一退というより、「十進九退」とも呼ぶべき相場付きであった。

このように、ボラティリティ(変動の度合いのこと、略して「ボラ」とも言う)が高かった背景には、次の3つの要因があると考える。

次ページ「ボラ」が高い3つの要因とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT