日本株、大型連休後はどうなるのか

市場はなお「波乱含み」の展開が続きそう

9月21日(月)は安倍首相の誕生日。「安保法案成立」後の日本株はどうなるのだろうか(写真:Rex Features/アフロ)

なぜ日本株は依然上下に激しく動いているのか

前回の当コラム「米雇用統計後の日本株はどこで下げ止まるか」(9月5日付)では、「薄皮がはげるように、現在市場を覆っている不安心理が後退することで、日経平均株価はまず目先の底値圏を形成した後、二進一退、三進一退と、地道に上昇基調をたどる」と述べた。

また「日経平均の予想レンジは1万7500~1万8200円と、1万7500円水準を叩いたあとは徐々に持ち直す」とも予想した。

実際の日経平均は、9月8日(火)にザラ場で1万7415円まで下押しし、予想下限から84円ほど外してしまったが、その水準からは切り返し、いったん1万8000円台を回復した。

その点では想定に沿った展開であったものの、日経平均の変動は激しく、二進一退というより、「十進九退」とも呼ぶべき相場付きであった。

このように、ボラティリティ(変動の度合いのこと、略して「ボラ」とも言う)が高かった背景には、次の3つの要因があると考える。

次ページ「ボラ」が高い3つの要因とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT