凡人でも「思わず聞かせる話し方」はできる!

「笑点」で人気、春風亭昇太が教えます!

春風亭昇太師匠

昇太:「朝まで生テレビ」って、みんな「うわー」って感じでしゃべっているときでも、姜尚中さんだけは「下から」「ゆっくり」来るんだよね。みんなが言いたいことを言っているときでも、あの人が「いや、それは……」と話し始めると、みんな黙って聞いてしまう。

魚住:確かに、姜尚中さんのあの低音でゆっくり話されると、みんな思わず聞き入ってしまいますよね。

昇太:それを聞くたびに、「あっ、この人はわかっているなー」と思う。もともとそういうトーンの人なんだろうけど、「前の人と違う話し方」をする、「前の人と空気を変える話し方」をするというのは、自分の話を聞いてもらうために、すごく大事なことですね。

話を始める前に「1回息を吸う」大切さ

魚住:今の話は、プレゼンやスピーチで、すごく参考になる話ですね。もうひとつ「スピーチやプレゼンで話を聞いてもらうコツ」があるようなので、それを教えていただけますか?

昇太:「プレゼンやスピーチの上手な入り方」ですね。僕は、位置についてすぐ「どーもこんにちは」って普通に入るのはダメなんですよ。どうするかっていうとね、「1回息を吸う」んです。

アナウンサーの魚住りえさん

魚住:なぜ話を始める前に、1回息を吸うんですか?

昇太:そうすると、実はお客さんも息を吸うんですよ。イメージとしては、指揮者が演奏直前に、指揮棒を構えるような感じです。マイクを持って話をする前に1回息を吸うと、お客さんも息を吸ってくれるので、第一声が「笑い」になったりするんです。

魚住:なるほど。息を吸って吐くときに声が出るから、思わず「あはは」って笑いやすくなるのかもしれませんね。

昇太:そうですね。だから落語をやっている最中も、けっこうそれをやっているんですよ。漫才でいうツッコミのような。落語の場合は、たとえば、ご隠居さんがはっつぁんに向かって「お前バカじゃないか」っていうシーンがあって、そのときに息を吸ってから、「バカじゃないか」って。

魚住:おー!

昇太:すると、お客さんは息を合わせてくれる。ほんと指揮者みたいですね。

魚住:「呼吸を支配する」というのは、一般の人がスピーチやプレゼンをするときも同じで、話す前に「1回息を吸う」ことで、聞き手と息を合せるといいわけですね。

この連載の一覧はこちら

昇太:そう思います。役者さんもけっこうやっている人がいますよ。芝居を見に行くと「この人、しゃべる前に息を吸ってるな」と。

魚住:そうすることで、話をきちんと聞いてくれるし、笑いにつながったりもするわけですね。みなさんもぜひ、「空気を変える」と「息を合わせる」の2つを意識してみてください!

第3回:「説得力のある話し方」、どうすればできる?

第4回:話がうまくなる「ちょっとした」小道具&コツ

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT