有益な情報で賢くなる消費者《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第4回》

企業側からこれまでO2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスの重要性を見てきた。それは消費者にどのようなメリットをもたらすのか。

今回は、代表的な5つのメリットを見てみよう。

まずは、「位置情報に連動したクーポン、ポイント」。

消費者は、スマートフォンで自分の現在地の周辺にある店を検索し、訪問するタイミングで、クーポンを取得できる。

店側は、ちょうど店の近くにいる消費者を狙い撃ちしてクーポンを配信できるため、通常の紙の広告チラシや冊子よりも販促効果が高い。

具体的なサービスとしては、リクルートの「RecoCheck」、Facebookの「Facebookチェックインクーポン」などがある。

リクルートは、グルメ、美容、旅行などのリクルートの情報誌に掲載されている5万5000件以上のクーポン・口コミを位置情報サービス「RecoCheck」上で提供している。

来店するだけで消費者がポイントを受け取ることができるサービスも始まっている。ベンチャー企業・スポットライトが運営する「スマートフォンポイント(スマポ)」だ。スマポでは、商品を購入しなくても、アプリを立ち上げて、来店しただけでポイントが貯まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT