有益な情報で賢くなる消費者《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第4回》

企業側からこれまでO2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスの重要性を見てきた。それは消費者にどのようなメリットをもたらすのか。

今回は、代表的な5つのメリットを見てみよう。

まずは、「位置情報に連動したクーポン、ポイント」。

消費者は、スマートフォンで自分の現在地の周辺にある店を検索し、訪問するタイミングで、クーポンを取得できる。

店側は、ちょうど店の近くにいる消費者を狙い撃ちしてクーポンを配信できるため、通常の紙の広告チラシや冊子よりも販促効果が高い。

具体的なサービスとしては、リクルートの「RecoCheck」、Facebookの「Facebookチェックインクーポン」などがある。

リクルートは、グルメ、美容、旅行などのリクルートの情報誌に掲載されている5万5000件以上のクーポン・口コミを位置情報サービス「RecoCheck」上で提供している。

来店するだけで消費者がポイントを受け取ることができるサービスも始まっている。ベンチャー企業・スポットライトが運営する「スマートフォンポイント(スマポ)」だ。スマポでは、商品を購入しなくても、アプリを立ち上げて、来店しただけでポイントが貯まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。