安保法案の総括質疑、17日未明も行われず

民主党など主要野党が抵抗

 9月17日、安保総括質疑が未明になっても開けずにいる。写真は安倍首相。国会で16日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 安全保障の関連法案を審議する参議院特別委員会は、16日に予定されていた総括質疑が17日未明になっても開けずにいる。与党はなお開催を模索し、そのまま採決する構えだが、民主党など主要野党の抵抗が続いている。

最終盤でも平行線

論戦を締め括る総括質疑を予定していた特別委員会は、議論が深まっていないとして野党が開催に反対し、予定から8時間が過ぎた17日午前2時を過ぎても始まっていない。

与党は約2時間の総括質疑後に採決、同日午前10時からの本会議で成立することを目指している。仮に特別委員会で採決できたとしても、主要野党は参議院で安倍晋三首相に対する問責決議案、衆議院で内閣に対する不信任決議案などを提出して抗戦する構えだ。

次ページ地方公聴会の会場周辺でも抗議集会
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT