安保法案の総括質疑、17日未明も行われず

民主党など主要野党が抵抗

 9月17日、安保総括質疑が未明になっても開けずにいる。写真は安倍首相。国会で16日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 安全保障の関連法案を審議する参議院特別委員会は、16日に予定されていた総括質疑が17日未明になっても開けずにいる。与党はなお開催を模索し、そのまま採決する構えだが、民主党など主要野党の抵抗が続いている。

最終盤でも平行線

論戦を締め括る総括質疑を予定していた特別委員会は、議論が深まっていないとして野党が開催に反対し、予定から8時間が過ぎた17日午前2時を過ぎても始まっていない。

与党は約2時間の総括質疑後に採決、同日午前10時からの本会議で成立することを目指している。仮に特別委員会で採決できたとしても、主要野党は参議院で安倍晋三首相に対する問責決議案、衆議院で内閣に対する不信任決議案などを提出して抗戦する構えだ。

次ページ地方公聴会の会場周辺でも抗議集会
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。