AppleWatch新OSにバグが発覚

16日の提供開始を延期

 9月16日、アップルは「アップルウオッチ」向け新OSの提供開始を延期すると発表した。写真はサンフランシスコの発表会場で9日撮影(2015年 ロイター/Beck Diefenbach)

[16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は16日、この日予定していた腕時計型端末「アップルウオッチ」向け新基本ソフト(OS)の「watchOS2」の提供開始を延期すると発表した。バグ(不具合)が見つかったためとしている。

広報担当者は、バグの対応に予想より時間がかかっているとしながらも、修復後の新OSは「近く」提供開始されると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。