AppleWatch新OSにバグが発覚

16日の提供開始を延期

 9月16日、アップルは「アップルウオッチ」向け新OSの提供開始を延期すると発表した。写真はサンフランシスコの発表会場で9日撮影(2015年 ロイター/Beck Diefenbach)

[16日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は16日、この日予定していた腕時計型端末「アップルウオッチ」向け新基本ソフト(OS)の「watchOS2」の提供開始を延期すると発表した。バグ(不具合)が見つかったためとしている。

広報担当者は、バグの対応に予想より時間がかかっているとしながらも、修復後の新OSは「近く」提供開始されると述べた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。