【産業天気図・スーパー/コンビニ】制度改正も逆風で07年度も先行き不透明。業界再編が加速へ

スーパー、コンビニは厳しい環境が続く。10月までスーパーは10カ月連続で前年割れ。コンビニは4カ月連続だが、6月のたばこ値上げ前の駆け込み需要による増加を除けば、27カ月連続で前年割れが続いている。天候不順のうえ、少子高齢化の影響が徐々に出始めた。客単価は改善傾向にあるものの、客数の減少で売り上げ増までには結びついていない。一部客数を伸ばせる企業が単価上昇の恩恵を受けており、今後も企業間格差が拡大しそうだ。
 来春に容器リサイクル法改正、来秋には郊外出店が難しくなるまちづくり三法の改正など、小売業にとっては逆風となる法律改正が続く。今後、消費税率引き上げの議論が活発化することも確実で、07年度もスーパー・コンビニは厳しい局面が続きそう。全体のパイが縮小に転じる中、業界再編が加速する可能性が高い。特にコンビニは一部大手や中小にM&Aのうわさが絶えない。
【並木厚憲記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT