東証、東芝を特設注意市場銘柄に指定

上場契約違約金として9120万円を徴求

 9月14日、東証は東芝を特設注意市場銘柄に15日付で指定すると発表した。東京証券取引所で7月撮影(2014年 ロイター/TORU HANAI)

[東京 14日 ロイター] - 東証は14日、東芝<6502.T>を特設注意市場銘柄に15日付で指定すると発表した。有価証券報告書に虚偽記載を行い、内部管理体制などについて改善の必要性が高いと判断した。

さらに、不正会計が長年にわたって継続され、株主・投資家の信頼を損なったとし、上場契約違約金として9120万円を徴求する。

名証も同日、東芝を15日付で特設注意市場銘柄に指定し、上場契約違約金1740万円を徴求すると発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。