東証、東芝を特設注意市場銘柄に指定

上場契約違約金として9120万円を徴求

 9月14日、東証は東芝を特設注意市場銘柄に15日付で指定すると発表した。東京証券取引所で7月撮影(2014年 ロイター/TORU HANAI)

[東京 14日 ロイター] - 東証は14日、東芝<6502.T>を特設注意市場銘柄に15日付で指定すると発表した。有価証券報告書に虚偽記載を行い、内部管理体制などについて改善の必要性が高いと判断した。

さらに、不正会計が長年にわたって継続され、株主・投資家の信頼を損なったとし、上場契約違約金として9120万円を徴求する。

名証も同日、東芝を15日付で特設注意市場銘柄に指定し、上場契約違約金1740万円を徴求すると発表した。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。