東証、東芝を特設注意市場銘柄に指定

上場契約違約金として9120万円を徴求

 9月14日、東証は東芝を特設注意市場銘柄に15日付で指定すると発表した。東京証券取引所で7月撮影(2014年 ロイター/TORU HANAI)

[東京 14日 ロイター] - 東証は14日、東芝<6502.T>を特設注意市場銘柄に15日付で指定すると発表した。有価証券報告書に虚偽記載を行い、内部管理体制などについて改善の必要性が高いと判断した。

さらに、不正会計が長年にわたって継続され、株主・投資家の信頼を損なったとし、上場契約違約金として9120万円を徴求する。

名証も同日、東芝を15日付で特設注意市場銘柄に指定し、上場契約違約金1740万円を徴求すると発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。