欧州債務危機の行方、ユーロは崩壊するのか--欧大手コンサルテング会社創業者・ローランド・ベルガー氏に聞く


 だが、ギリシャがユーロ圏から抜けてしまえば、金融市場にはネガティブなシグナルと受け止められてしまうだろう。ユーロ圏経済や「ユーロ」という通貨の安定に対する市場の不安を惹起させる。「次はどこの国だ」という形でコンテージョン(伝播)のリスクも高まるかもしれない。それらを考えれば、各国政府が一丸となって再建を行い、競争力を高めていったほうがいい、という結論に行き着くはずだ。

「トリプルA」の格付け国が集まり、新たな通貨を創設するといった可能性も考えられなくはないが、「ユーロ圏が現状のまま財政再建を成し遂げ、ユーロが世界第2のリザーブカレンシーの座を維持する確率は80%以上」というのが、欧州の多くの政治家の見方だ。

Roland Berger
米系コンサルティング会社勤務を経て1967年、ローランド・ベルガーを 立ち上げる。現在は名誉会長。独ミュンヘン大学経済研究所理事や仏INSEADの役員にも名を連ねている。

(聞き手:松崎泰弘 撮影:今井康一 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。