【産業天気図・精密機器】06年度下期までは好況続くが、07年度は一段落も

今06年度は精密機械業界にとって明るい話題の多い1年だった。
 第一に、大手精密各社は売上高に占める海外比率が高く、円安の恩恵を十分に受けられたことがある。また、景気回復が複写機を中心とした事務機やデジタルカメラの販売の追い風になった。
 ただ、この好調が07年度も続くとは限らない。まず円安効果は剥げ落ちる可能性がある。また、製品ジャンルによっては競争激化が影を落とす。たとえば複写機。05年末から新製品を多数投入したリコー<7752.東証>が販売経費増大で利益の伸びが小幅になるなど、競争の影響が出ている。06年下期からはキヤノン<7751.東証>の高速カラー複合機の新製品群発売が本格化することから、07年はますます競争がきつくなると予想される。
 06年初には予想もつかなかったほど市場が拡大したデジタルカメラも、07年は伸びが続くか不透明だ。07年は各社が新製品を続々と投入するデジタル一眼レフの勢いがどこまで続くかが一つの焦点。デジタル一眼の新製品数を増やすと見られるオリンパス<7733.東証>の動向も目が離せない。
 注目の会社としてはコニカミノルタホールディングス<4902.東証>と富士フイルムホールディングス<4901.東証>が挙げられよう。コニカミノルタは06年1月に祖業のカメラと写真フィルム事業から撤退することを発表。同社にはシェアトップ製品がほとんどないため、行く末を心配する向きもあったが、06年9月中間決算では欧米での複写機販売好調で大幅な業績予想の上方修正を公表するなど、素早いV字回復を遂げた。同様に写真フィルムのリストラを行った富士フイルムも、05~06年度の2年間、約800億円ずつ計上してきたリストラ費用が一巡し、07年度は大幅に利益が回復する見通しだ。
【吉川明日香記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT