阿蘇山が噴火、警戒レベル3に引き上げ

気象庁が発表、首相「人命を第一に」

 9月14日、気象庁によると、午前9時43分ごろ熊本県の阿蘇山で噴火が発生した。写真は気象庁提供(2015年 ロイター)

[東京 14日 ロイター] - 気象庁によると、14日午前9時43分ごろ、熊本県の阿蘇山で噴火が発生した。気象庁は従来の規模を上回る噴火時に発表する「噴火速報」を出し、阿蘇山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。

気象庁によると、今回の噴火による噴煙は火口付近で2000メートルまで上がった。今後も同程度の噴火が発生し、大きな噴石が火口から1キロ以上に飛散する可能性があるとしている。

政府は噴火発生直後に官邸の危機管理センター内に情報連絡室を設置し、被害状況の把握などを行っている。菅義偉官房長官によると「現時点で被害の情報は入っていない」という。

噴火発生を受け安倍晋三首相は「人命を第一に、安全確保に向けて政府一丸となって万全を期す」と、首相官邸で記者団に述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT