できる人ほど「心のクレンジング」をしている

ニューヨーカーも夢中、「瞑想」の威力とは

たとえば私の場合、ほかの作家に対するジェラシー(かなり正直!)や、おカネがないときのイライラーーこうした感情を冷静に見つめるうちに「人と比べてしまうのは自分に自信がないから」「カネ=幸せという定義に惑わされているのではないか」といった具合に問題を再定義できるようになりました。問題を再定義しているうちに、そんな感情に余計なエネルギーを費やしていることがばかばかしく思えくる。そして、そこから一気に「Let it go=すべて流す」のです。

私は国際離婚でストレスが重なり不眠症で悩まされた時期がありました。睡眠導入剤の中毒状態になったほどで、いまだにイラつくことがあると眠れないことも。そんなとき、寝る1時間前に瞑想をします。20分もすると、ようやく「Let it go」と思える自分を取り戻せます。

毎日5分、継続することがストレス解消のカギ!

さらにもっと深くやっていくと、“自分”という存在がそこにいるすべての空間につながるというか、”I am everything”となる瞬間が来るんですって!パートナーのクリリンがここに2秒間だけ到達したことがあるそうです。ちなみに、彼はメディテーション歴7年。それでもたった数秒!この話を聞いて、私たちって煩悩にさいなまされている生き物なのだと思いました。

大切なのは、メディテーションしているというアクションではありません。大事なのは、この時間を使って、自分に降りかかる不必要なネガティブ要素を見極め、それを流すこと。沈黙の中、自分の弱さや不満、欲求などを見つめ、それを認める。最初は簡単ではありませんが、毎日忍耐強く続けることで、少しずつ自分の心の中にある「モヤモヤ」「イライラ」「ムカムカ」「イジイジ」をきちんと認識して、その日のうちにLet it go!できるようになるのです。

明日も明後日も、日々の雑音に負けずタフに生きていくには、こうした内面からのトレーニングが役立ちます。皆さんも毎日にたった5分でもいい。メディテーションの習慣をつけてみませんか。あなたの一日を軽やかに、思考を柔らかくしてくれるきっかけになりますよ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT