蒲郡のラグーナ、「HIS流改革」のスゴい実績

苦手な冬の客数が1.5倍に!

人気漫画『ONE PIECE』の海賊船を使った、三河湾クルーズを企画 ©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

7月4日からは、冒頭のサウザンド・サニー号を使ったクルーズがスタートした。アニメを忠実に再現した海賊船に乗り、施設周辺の三河湾を周遊する。海風を受けながらの爽快なクルーズは、日本人のみならず、アジア諸国に広がるワンピースファンにも大きな訴求力がある。

こうしたイベントの企画について、近藤副部長は「以前に比べて格段に進めやすくなった」と話す。「合否の判断が迅速に行われるようになり、それに付随する広告宣伝を機動的に実施できるようになった」(同副部長)。

話題性のある企画を立案しても、最終的なゴーサインまでに時間がかかってきたことから、従来は集客に向けたPR活動が後手に回っていた。こうした状況が改善され、スムーズに企画を実行、集客につなげる好循環が生まれている。

明確なテーマの打ち出しが功を奏す

日本初の360度3Dマッピングを導入、課題の冬の集客に成功

また、企画内容にも以前にはない明確なテーマを設けている。どのイベントや新施設にも、「日本一」「日本最大」といった言葉を必ず掲げるが、これは、HISの澤田会長が頻繁に口にする「ナンバーワン」「オンリーワン」戦略を具現化したものだという。

現在も社員の大半は以前の運営会社「蒲郡海洋開発」のスタッフだが、「たとえば、海岸を使ったビーチパークというアイデアもHISなど外部からの発想。長年運営に携わってきた私たちも、新たな風を前向きな変化ととらえ、士気が向上している」と近藤副部長は話す。2015年度は新卒社員を12人採用するなど、組織内には以前とは違った新しい活気も出てきている。ラグーナの復活に向け、HIS流の改革は着実に実を結び始めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT