採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

インスタントコーヒー「ネスカフェ」などの食品メーカー、ネスレ日本(神戸市中央区)は今年の採用活動(2013年4月入社)から、選考方法や受験時期を、受験する学生が選べる新しい制度「ネスレパスコース」を導入した。

受験資格は、短大、専門学校、高専、大学、大学院在学生か学校(高校も含む)卒業後3年以内で、年齢や国籍は問わない。採用選考プロセスは「ネスレパス」と呼ぶ1次選考と研修型選考「ネスレチャレンジプログラム」による2次選考の2段階方式だ。ネスレパスを取得する1次選考は大学1年でも受けられる。採用募集対象を幅広く設定することにより、まず多様な人材を確保するのが狙いだ。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。