採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

インスタントコーヒー「ネスカフェ」などの食品メーカー、ネスレ日本(神戸市中央区)は今年の採用活動(2013年4月入社)から、選考方法や受験時期を、受験する学生が選べる新しい制度「ネスレパスコース」を導入した。

受験資格は、短大、専門学校、高専、大学、大学院在学生か学校(高校も含む)卒業後3年以内で、年齢や国籍は問わない。採用選考プロセスは「ネスレパス」と呼ぶ1次選考と研修型選考「ネスレチャレンジプログラム」による2次選考の2段階方式だ。ネスレパスを取得する1次選考は大学1年でも受けられる。採用募集対象を幅広く設定することにより、まず多様な人材を確保するのが狙いだ。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。