採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

インスタントコーヒー「ネスカフェ」などの食品メーカー、ネスレ日本(神戸市中央区)は今年の採用活動(2013年4月入社)から、選考方法や受験時期を、受験する学生が選べる新しい制度「ネスレパスコース」を導入した。

受験資格は、短大、専門学校、高専、大学、大学院在学生か学校(高校も含む)卒業後3年以内で、年齢や国籍は問わない。採用選考プロセスは「ネスレパス」と呼ぶ1次選考と研修型選考「ネスレチャレンジプログラム」による2次選考の2段階方式だ。ネスレパスを取得する1次選考は大学1年でも受けられる。採用募集対象を幅広く設定することにより、まず多様な人材を確保するのが狙いだ。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。