【産業天気図・家電・AV】欧米の景気悪化とタイ洪水、そして円高の逆風で苦境脱せず

予想天気
11年10月~12年3月 12年4月~12年9月

家電・AV業界は11年10~12年3月にかけて、「雨」が続きそうだ。東日本大震災の影響が薄れた矢先に起こったタイ洪水は、業界に暗い影を落とす。工場が被害を受けたソニーやパイオニア、キヤノンでは、代替生産を急いでいる。しかしハードディスクなどの部品不足も深刻で、パソコンやプリンタ、デジタルカメラ、カーナビ、白物家電など多くの製品の生産体制に影響が及ぶ。

さらに深刻なのが、テレビ販売の低迷。欧米市場の景気悪化を受けて、大苦戦を強いられている。液晶パネルは需給バランスが悪化したことで価格が下落。世界首位の韓国サムスン電子でさえ、1~9月期はディスプレイ事業が赤字に沈んだ。

当然、日本メーカーも苦しい。ソニーはテレビの販売目標を下方修正し、今後は欧米の販売子会社のリストラを進める。パナソニックもプラズマテレビ生産を大幅に縮小。すでにシャープは亀山工場の大半を中小型パネルラインに切り替え、液晶パネルの過半を台湾メーカーなどからの外部調達に切り替えている。

今後は中国やインド、ブラジルといった新興国で成長を目指すが、価格競争がきつく利益を享受するのは容易ではない。市場が急拡大中のスマートフォンやタブレット端末でも、日本メーカーの製品は鳴かず飛ばず。韓国や台湾メーカーの活躍ばかりが目立つ。

12年4~9月期は震災の影響が薄れて「曇り」に改善するが、外部環境は厳しいまま。リストラも含めた構造改革や国内生産の縮小など、社内の見直しが一段と進みそうだ。

(前田 佳子=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT