円安、非コンテナでの市況回復から全般に増額期待。11月9日の大手決算発表に注目

共栄タンカー<9130.東証>に続き、海運準大手の新和海運<9110.東証>が再増額修正で一転増益になったことで、同じ準大手の飯野海運<9119.東証>、第一中央汽船<9132.東証>についても8月の増額修正に引き続いての再増額修正による一転増益予想も期待されている。また、日本郵船<9101.東証>、商船三井<9104.東証>、川崎汽船<9107.東証>の海運大手3社については、8月時点では準大手以下各社は営んでいないコンテナ船部門の不振から減額修正しているが、バラ積み船や資源・エネルギー船など非コンテナ船部門では準大手と同じような円安・市況回復、さらに燃料油価格の若干の低下などプラス要因が生じているため、中間決算にかけて逆に増額修正(減益幅の縮小)が行われる可能性もゼロではない。11月9日にいっせいに発表される大手の決算発表が注目される。
【大滝俊一記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT