円安、非コンテナでの市況回復から全般に増額期待。11月9日の大手決算発表に注目

共栄タンカー<9130.東証>に続き、海運準大手の新和海運<9110.東証>が再増額修正で一転増益になったことで、同じ準大手の飯野海運<9119.東証>、第一中央汽船<9132.東証>についても8月の増額修正に引き続いての再増額修正による一転増益予想も期待されている。また、日本郵船<9101.東証>、商船三井<9104.東証>、川崎汽船<9107.東証>の海運大手3社については、8月時点では準大手以下各社は営んでいないコンテナ船部門の不振から減額修正しているが、バラ積み船や資源・エネルギー船など非コンテナ船部門では準大手と同じような円安・市況回復、さらに燃料油価格の若干の低下などプラス要因が生じているため、中間決算にかけて逆に増額修正(減益幅の縮小)が行われる可能性もゼロではない。11月9日にいっせいに発表される大手の決算発表が注目される。
【大滝俊一記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。