円安、非コンテナでの市況回復から全般に増額期待。11月9日の大手決算発表に注目

共栄タンカー<9130.東証>に続き、海運準大手の新和海運<9110.東証>が再増額修正で一転増益になったことで、同じ準大手の飯野海運<9119.東証>、第一中央汽船<9132.東証>についても8月の増額修正に引き続いての再増額修正による一転増益予想も期待されている。また、日本郵船<9101.東証>、商船三井<9104.東証>、川崎汽船<9107.東証>の海運大手3社については、8月時点では準大手以下各社は営んでいないコンテナ船部門の不振から減額修正しているが、バラ積み船や資源・エネルギー船など非コンテナ船部門では準大手と同じような円安・市況回復、さらに燃料油価格の若干の低下などプラス要因が生じているため、中間決算にかけて逆に増額修正(減益幅の縮小)が行われる可能性もゼロではない。11月9日にいっせいに発表される大手の決算発表が注目される。
【大滝俊一記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。