スズキ、軽の王者が抱える内なる課題

ハイブリッド車の投入が起爆剤となるか

社長就任後、初めての新車発表会に臨んだ鈴木俊宏社長(撮影:尾形文繁)

カリスマの親父から社長のバトンを引き継ぎ、鈴木俊宏新社長が臨んだ初の新車発表会は、スズキの看板である軽自動車ではなかった。それは単なる偶然だが、ある意味で象徴的だともいえる。

「社長に就任してから初めての新車発表会です。どうぞよろしくお願いします」ーー。8月26日、全面刷新した小型ワゴン「ソリオ」の発表会で、トップ交代から2カ月足らずの俊宏社長は、いくぶん緊張した面持ちでマイクを握っていた。

ソリオは登録車の中でもっとも小さい「Aクラス」と呼ばれるカテゴリーに属する。両側スライドドアを持つ5人乗りの小型ワゴンという特徴が人気で、2014年度は3.3万台を販売しており、新車販売ランキングでは24位に入った。

 登録車で初のハイブリッド搭載

新モデルで最大の特徴は、スズキの登録車として初となるハイブリッドの搭載だ(燃費はガソリン1リットル当たり27.8キロメートル)。俊宏社長は「マイルドハイブリッドやデュアルカメラブレーキサポートなどの安全装備を盛りこんだ自信作。小型車販売を早期に10万台にしたい」と力を込めた。

マイルドハイブリッドとは、モーターをエンジンのアシストのみに使う方式で、スズキはこれまで軽で「Sエネチャージ」という名称で展開してきた。ほかのメーカーでは、日産自動車が「セレナ」で「Sハイブリッド」という名称で搭載している。

車両の後部には「HYBRID」のバッチがつけられている(撮影:尾形文繁)

トヨタの「プリウス」やホンダ「フィットHV」など、モーターのみでも走行可能なストロングハイブリッドに比べると、燃費改善効果では劣るものの、低コストというメリットがある。ハイブリッドの人気が高い登録車で、スズキとしても「ハイブリッド」と明確に打ち出すことで消費者にアピールする狙いだ。

6月30日の社長交代会見と同時に発表した5ヵ年の中期経営計画で、スズキは2019年度までに小型車の販売を10万台以上に引き上げる目標を掲げている。俊宏社長が発表会で「早期に10万台にしたい」と意気込みを示したのもそのためだ。

次ページ小型車で10万台のこだわり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。