スズキ、軽の王者が抱える内なる課題

ハイブリッド車の投入が起爆剤となるか

社長就任後、初めての新車発表会に臨んだ鈴木俊宏社長(撮影:尾形文繁)

カリスマの親父から社長のバトンを引き継ぎ、鈴木俊宏新社長が臨んだ初の新車発表会は、スズキの看板である軽自動車ではなかった。それは単なる偶然だが、ある意味で象徴的だともいえる。

「社長に就任してから初めての新車発表会です。どうぞよろしくお願いします」ーー。8月26日、全面刷新した小型ワゴン「ソリオ」の発表会で、トップ交代から2カ月足らずの俊宏社長は、いくぶん緊張した面持ちでマイクを握っていた。

ソリオは登録車の中でもっとも小さい「Aクラス」と呼ばれるカテゴリーに属する。両側スライドドアを持つ5人乗りの小型ワゴンという特徴が人気で、2014年度は3.3万台を販売しており、新車販売ランキングでは24位に入った。

 登録車で初のハイブリッド搭載

新モデルで最大の特徴は、スズキの登録車として初となるハイブリッドの搭載だ(燃費はガソリン1リットル当たり27.8キロメートル)。俊宏社長は「マイルドハイブリッドやデュアルカメラブレーキサポートなどの安全装備を盛りこんだ自信作。小型車販売を早期に10万台にしたい」と力を込めた。

マイルドハイブリッドとは、モーターをエンジンのアシストのみに使う方式で、スズキはこれまで軽で「Sエネチャージ」という名称で展開してきた。ほかのメーカーでは、日産自動車が「セレナ」で「Sハイブリッド」という名称で搭載している。

車両の後部には「HYBRID」のバッチがつけられている(撮影:尾形文繁)

トヨタの「プリウス」やホンダ「フィットHV」など、モーターのみでも走行可能なストロングハイブリッドに比べると、燃費改善効果では劣るものの、低コストというメリットがある。ハイブリッドの人気が高い登録車で、スズキとしても「ハイブリッド」と明確に打ち出すことで消費者にアピールする狙いだ。

6月30日の社長交代会見と同時に発表した5ヵ年の中期経営計画で、スズキは2019年度までに小型車の販売を10万台以上に引き上げる目標を掲げている。俊宏社長が発表会で「早期に10万台にしたい」と意気込みを示したのもそのためだ。

次ページ小型車で10万台のこだわり
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT