中国山東省の化学工場で爆発、1人死亡・9人負傷=新華社

新華社が1人死亡・9人負傷と報道

[上海 23日 ロイター] - 新華社によると、中国東部山東省の化学工場で22日夜に爆発が発生し、1人が死亡、9人が負傷した。中国では2週間足らず前にも天津市で化学物質を保管していた倉庫が爆発し、多数の死者が出たばかり。

山東省の爆発はおよそ5時間後に鎮火した。新華社によると、地元の環境保護当局は、汚染物質の流出は確認されていないとしている。

中国は過去30年にわたり急速な経済成長を遂げる一方で、産業事故が絶えない。最近の相次ぐ爆発事故で、安全管理体制への疑念が広がりそうだ。

新華社によると、爆発事故があった山東省の工場付近の村では住宅の窓ガラスが割れ、現場から2キロ先でも爆発の揺れを感じたという。

同工場はアジポニトリルを生産していたもよう。アジポニトリルは有機化合物の一種で、火と接触すると有毒ガスを放出する無色の液体。

*カテゴリーを変更します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。