イオン、中国天津モールの被害は?

連結業績への影響は軽微

[東京 18日 ロイター] - イオン<8267.T>は18日、中国天津市の「濱海新区」で発生した爆発事故で営業を停止している「イオンモール天津TEDA」について、第三者所有のマスターリース物件であること、損害保険も適用される見込みであることなどから「中国事業や連結業績に与える影響は極めて軽微」との見通しを示した。

同モールは、爆発現場から約2キロの場所にあり、窓ガラスが割れたりモール外壁の一部が壊れたほか、店内の一部天井板の脱落などが生じているという。営業再開に向けては、「食品等の生活必需品を優先に営業再開に向けた準備を進めていく」とした。

イオンはこのほか、天津市内で「イオンモール天津中北」「イオンモール天津梅江」の2店舗を展開しているが、事故現場からは数十キロ離れており、被害はなく、通常通り営業している。これも併せ、中国国内ではGMS(総合スーパー)・SM(スーパーマーケット)を63店舗を展開している。

 

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。