【産業天気図・証券業(ネット専業)】相場低迷で減益へ。夜間市場開設の動きも

拡大
縮小

株価の上昇で尻上がりに業績が回復した前06年3月期と打って変わり、今07年3月期は相場低迷がネット証券各社の業績を直撃している。
 対面証券と異なり、株式委託手数料が中心的な収益というビジネスモデルであるため、売買代金の低迷がそのまま業績を直撃する脆弱な構造を持つ。野村ホールディングス<8604.東証>系のネット専業証券・ジョインベスト証券の参入などもあり、SBIイー・トレード証券<8701.ジャスダック>が6月から始めた手数料引き下げキャンペーン終了後も手数料を大幅に引き下げるなど、手数料率競争もまだ続いている。現状の相場が続けば、前期の好決算と比較すると、各社とも減益は避けられない見通しだ。ただ、過去の利益水準と比較すれば、まだまだ高い利益を出しているとも言えなくもない。
 今後焦点となる興味深い動きも出始めている。カブドットコム証券<8703.東証>が9月15日から開始した私設取引システム(PTS)による夜間取引市場だ。378円の手数料を設定し、同証券での口座開設数の増加という相乗効果も狙っている。
【山田徹也記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT