【産業天気図・証券業(ネット専業)】相場低迷で減益へ。夜間市場開設の動きも

株価の上昇で尻上がりに業績が回復した前06年3月期と打って変わり、今07年3月期は相場低迷がネット証券各社の業績を直撃している。
 対面証券と異なり、株式委託手数料が中心的な収益というビジネスモデルであるため、売買代金の低迷がそのまま業績を直撃する脆弱な構造を持つ。野村ホールディングス<8604.東証>系のネット専業証券・ジョインベスト証券の参入などもあり、SBIイー・トレード証券<8701.ジャスダック>が6月から始めた手数料引き下げキャンペーン終了後も手数料を大幅に引き下げるなど、手数料率競争もまだ続いている。現状の相場が続けば、前期の好決算と比較すると、各社とも減益は避けられない見通しだ。ただ、過去の利益水準と比較すれば、まだまだ高い利益を出しているとも言えなくもない。
 今後焦点となる興味深い動きも出始めている。カブドットコム証券<8703.東証>が9月15日から開始した私設取引システム(PTS)による夜間取引市場だ。378円の手数料を設定し、同証券での口座開設数の増加という相乗効果も狙っている。
【山田徹也記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT