【産業天気図・証券業(ネット専業)】相場低迷で減益へ。夜間市場開設の動きも

株価の上昇で尻上がりに業績が回復した前06年3月期と打って変わり、今07年3月期は相場低迷がネット証券各社の業績を直撃している。
 対面証券と異なり、株式委託手数料が中心的な収益というビジネスモデルであるため、売買代金の低迷がそのまま業績を直撃する脆弱な構造を持つ。野村ホールディングス<8604.東証>系のネット専業証券・ジョインベスト証券の参入などもあり、SBIイー・トレード証券<8701.ジャスダック>が6月から始めた手数料引き下げキャンペーン終了後も手数料を大幅に引き下げるなど、手数料率競争もまだ続いている。現状の相場が続けば、前期の好決算と比較すると、各社とも減益は避けられない見通しだ。ただ、過去の利益水準と比較すれば、まだまだ高い利益を出しているとも言えなくもない。
 今後焦点となる興味深い動きも出始めている。カブドットコム証券<8703.東証>が9月15日から開始した私設取引システム(PTS)による夜間取引市場だ。378円の手数料を設定し、同証券での口座開設数の増加という相乗効果も狙っている。
【山田徹也記者】


(株)東洋経済新報社 会社四季報速報プラス編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT