幸之助は、部下にも「教えてほしい」と尋ねた

衆知を集めなければ成功はありえない

たまたまクーラー事業部の事業部長がやってきて、30分くらい報告をした。すると突然に、「きみ、ご苦労さんやったな。ところで……」と始まったのである。

「きみのところの工業、ラインのほうはどうかな」「工場の環境を少し変えてもいいかもしれんな」「こういうことに注意したらええな」

事業部長は、自分が報告してもいないにもかかわらず、松下の話がなぜ的確に出てくるのかと、だんだん青ざめてしまった。私が門まで見送ると、しきりにクビをかしげている。

「やっぱりうちの大将は、神様だねぇ。私が報告していないのに、お見通しなんだよ」

神様になるのは意外と簡単だなと愉快になった思い出がある。

尋ねられた人は松下に好意を持つ

さて、松下のそばで見ていると、私はあるひとつの法則に気がついた。尋ねられた人は松下に好意を持つのである。 

威張って知識を見せつけるよりも、心を開いて尋ねるほうが、じつはずっと敬意を表される。しかも、自分が話を聞きたいのだという姿勢を見せれば、人はどんどん情報を持ってきてくれる。情報収集には、自ら足を運んで話を聞くということが大切だが、じっとしていても情報が集まってくるのなら、それに越したことはない。

はたで見ていると、松下はどんなときでも感心して話を聞いていた。「いい意見やなあ」「その話は面白いな」「きみの、その話はおおいに参考になるわ」という具合に、大いにほめるのである。

あるとき若者が『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』を読んでいたく感動し、感想文を書いてきた。ぜひこれを日本の政治に実行すべきだ、ついては松下さんに訴えたいことがあるというのである。

面白そうな青年だと思った私は、一度会わせたことがある。私はよく内々で、これはと思う人を幾人か松下に会わせたものだが、そのときの彼は熱意をこめて、このままでは日本は駄目になるとしゃべり続けた。青年の話の内容には、年長者の松下から見れば当然、若さゆえの先走りもあった。

しかし松下は、「あんた、若いんだから頑張ってくれや」「あんたみたいな人がいるかぎり、日本は大丈夫やで」「若い人たちがみな、あんたみたいだったらええね」としきりにほめた。

彼はたいへんに感激して帰っていった。

次ページ質問攻めで1時間しゃべりっぱなしに
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT