中国が狙う日の丸ハイテク磁石、標的はエコカー心臓部

「最悪の場合、中国がジスプロ輸出を禁止する事態も念頭に置きつつ、日本は国家プロジェクトで対策を講じるべき」と、レアアース専門商社アドバンスト マテリアル ジャパンの中村繁夫社長は警鐘を鳴らす。

不測の事態に備えて、日系の磁石メーカーも長期分の在庫備蓄を急いでいるが、重い在庫負担に耐え続けるにも限度がある。中国に行くも地獄、日本に残るも地獄--。

次世代車に欠かせないハイテク磁石をめぐる問題はこれから正念場を迎える。

(西村豪太、渡辺清治、武政秀明 =週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT