中国が狙う日の丸ハイテク磁石、標的はエコカー心臓部

「最悪の場合、中国がジスプロ輸出を禁止する事態も念頭に置きつつ、日本は国家プロジェクトで対策を講じるべき」と、レアアース専門商社アドバンスト マテリアル ジャパンの中村繁夫社長は警鐘を鳴らす。

不測の事態に備えて、日系の磁石メーカーも長期分の在庫備蓄を急いでいるが、重い在庫負担に耐え続けるにも限度がある。中国に行くも地獄、日本に残るも地獄--。

次世代車に欠かせないハイテク磁石をめぐる問題はこれから正念場を迎える。

(西村豪太、渡辺清治、武政秀明 =週刊東洋経済2011年11月12日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。