ドンキホーテ、食品強化で増益率は鈍化

今期も増収増益ならば27期連続に

 8月17日、ドンキホーテホールディングス は、2016年6月期の連結営業利益が前年比1.8%増の398億円になるとの見通しを発表した。都内で昨年5月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 17日 ロイター] - ドンキホーテホールディングス <7532.T>は17日、2016年6月期の連結営業利益が前年比1.8%増の398億円になるとの見通しを発表した。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト13人の営業利益予測の平均値は443億円となっており、会社計画はこれを下回った。

連結売上高は同6.7%増の7300億円を計画。計画を達成すれば、売り上げ・利益ともに過去最高で、27期連続の増収増益となる。

同社は「実現性の高い見通し数字を出す」(広報)ため、増益率は15年6月期の2桁増から鈍化する。さらには、人材確保のための人件費増や「生鮮を導入したNew MEGA ドン・キホーテの出店を強化しているほか、ハードディスカウントの店舗の多店舗展開も考えており、増益率は鈍化する」(同)という。

ハードディスカウント業態は、驚安堂の梅島店をリニューアルしてスタート。小商圏で多店舗展開を目指す。

主力業態の「ドン・キホーテ」の既存店売上高は前年並みを計画。新規出店は全て合わせて25店舗強を計画している。

15年6月期は、連結売上高が同11.7%増の6839億円、営業利益が同14.0%増の391億円。「ドン・キホーテ」の既存店売上高は4.6%増で、訪日外国人を中心に順調に推移した。

15年6月末の店舗数は、国内・海外合わせて306店舗で、前年6月末比23店舗の純増となった。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT