超人気の国民宿舎「鵜の岬」を知っていますか

26年連続で利用率ナンバーワンの秘密に迫る

そうなると料金が気になる。「国民宿舎の割に高いのでは?」と思ったが、1泊2食付きで8763円!

お手ごろな価格だ。とはいえ、26年連続でナンバーワンを守り続けるには、ほかの魅力もあるに違いない。取材班は、「鵜の岬」宿泊客100人に聞き取り調査を敢行。大きく4つのポイントがあることがわかった。

鵜の岬、魅力ポイントとは?

その1「家庭的なおもてなし」

画像を拡大
布団敷きの際、わずかな時間を使って靴磨き

鵜の岬では、布団敷きの際に、お客さんの靴を磨くのが昔から伝統だという。「靴磨き?」と思うかもしれないが、そこには、「自分の家に大切なお客様が来たときのような気持ちで、おもてなしをする」という、このサービスを始めた元総支配人のモットーがある。鵜の岬は、このサービスを30年以上も前から続けている。これが、多くの常連客を生み出し、口コミなどでその輪を広げてきたというワケだ。

その2「全室オーシャンビュー」

鵜の岬の魅力の一つが、部屋から見える絶景だ。太平洋に面しており、全室から海が見える。晴れた日は伊師浜海岸の水平線を望むこともできるという。

その3「茨城の旬の味覚」

画像を拡大
茨城県のブランド豚、ローズポークのしゃぶしゃぶを含む、豪華な食事

鵜の岬は、季節の料理もウリの一つ。食事は茨城県のブランド豚、ローズポークのしゃぶしゃぶ、マグロ、カンパチ、海老の刺身の三点盛り、焼きアナゴ入り釜飯など、全8品の豪華版! そんな中、ローズポークを使った豚汁が一番人気。さまざまな素材を使った茨城の旬の味覚が、宿泊客を惹きつけているようだ。

その4「展望温泉風呂」

画像を拡大
絶景を眺めながらの温泉も、魅力のひとつ。

そして、最上階8階にあるのが展望温泉風呂。太平洋を一望できる大パノラマで、ナトリウム硫酸塩泉の鵜の岬温泉は、神経痛や筋肉痛、冷え性などに効果がある。朝は展望風呂の女湯に東向きの窓があり、日の出を眺められる。

この鵜の岬が1泊2食で9000円を切る価格設定にできるのは、公共の宿だからだ。これがもし、民間の宿泊施設だったとしたら、どの位のお値段になるのだろうか。宿泊施設のプロに算出してもらったところ、「最低でも1万5000円ぐらいの料金だったとしてもおかしくない」。施設、料理、サービスの魅力を考えると圧倒的に割安といえるワケだ。公共の宿という部分を割り引いても、コストパフォーマンスに優れなければ、お客を惹きつけられないというのは、どんな商売でも同じことだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。