超人気の国民宿舎「鵜の岬」を知っていますか

26年連続で利用率ナンバーワンの秘密に迫る

茨城県にある国民宿舎「鵜の岬」。高級リゾートホテルのような外観だ
なぜそうなるのかの理由が、すぐにはわからない。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』(次回は8月17日<月>よる8時放送) は、そんな不思議なランキングの謎を解き明かす番組だ。データの裏側を探ると、驚きの事実が次々に明らかになってくる。

 

この夏休みに旅行に出かけた、あるいはこれから出かけるつもりだという人は少なくないだろう。国内旅行の際にお薦めしたい宿泊施設の一つが「国民宿舎」。国立公園、国定公園、都道府県立自然公園、国民保養温泉地など、自然環境の優れた休養地に建設されている公共の宿だ。「全国に107カ所あり、1泊2食の利用料金が大人7000~1万円程度。会員制度のようなものはなく、個人でも家族連れでも、職場のグループ団体でも、誰でも気軽に利用できる」(公営国民宿舎HPより)

圧倒的な人気を誇る国民宿舎

その全国107カ所の国民宿舎の中で、26年連続で利用率ナンバーワンを守る施設がある。「鵜の岬」(うのみさき)。太平洋に面した茨城県日立市十王町に位置する宿泊施設だ。「予約の取れない国民宿舎」とささやかれ、2位以下を圧倒的に引き離す人気ぶり。繁忙期はハガキだけでの申し込みになり、2014~2015年の年末年始には、宿泊定員の25倍にも上る6300通もの予約申し込みがあったという。

それほどの人気なのはいったいなぜか。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで?なんで?なんで?』取材班は、その秘密を探ることにした。「鵜の岬」に関して調べてみると、特にご年配の方に好評のようだ。そこでまずは、「おばあちゃんの原宿」とも呼ばれる東京・巣鴨で聞き込み調査をしてみた。あるおばあちゃんは、「生きているうちに行きたい」とまで言う。

取材班は「鵜の岬」へ向かった。東京から車で2時間。着いた先に広がっていたのは、なんともゴージャスな空間。まるで高級リゾートホテルのような装いだった。国民宿舎といえば、「誰もがレクリエーションと健康増進を」というキーワードが定番。何とも地味な施設を想像していただけに、意外だった。

次ページ気になる宿泊料金は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT