中国の小米、インドでスマホ生産へ

シェア拡大へ台湾の鴻海精密と提携

 8月10日、中国のスマートフォンメーカー大手、小米科技(シャオミ)は、電子機器受託製造大手の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と提携し、世界3位のスマホ市場であるインドで同社製品の生産を開始する。5月撮影(2015年 ロイター/Pichi Chuang)

[ムンバイ 10日 ロイター] - 中国のスマートフォン(スマホ)メーカー大手、小米科技(シャオミ)[XTC.UL] は、電子機器受託製造(EMS)大手の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>と提携し、世界3位のスマホ市場であるインドで同社製品の生産を開始する。

コスト削減とインドでのシェア拡大が狙い。インドのモディ政権が進める製造業誘致政策「メイク・イン・インディア」にも大きな弾みがつく。

鴻海は今後5年間でインドに50億ドルを投資する契約に調印している。

インドではこれまで、インフラや部品業者の不足を背景に、中国や台湾から携帯電話端末を調達するケースが多かった。

小米のグローバル副社長、ヒューゴ・バラ氏によると、インド南部アンドラ・プラデシュ州の組み立て工場は、同社初の現地生産拠点となる。

バラ氏は記者団に対し「インド向けの設計にするだけでなく、現地生産することで顧客により近づきたいと考えている」と語った。新工場への投資額については明らかにしなかった。

鴻海精密工業にとってはインド市場への復帰を意味する。同社は昨年、携帯電話生産を受託していたフィンランド通信機器大手ノキアがインド工場の閉鎖を決めたため、撤退を余儀なくされた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT