中国の小米、インドでスマホ生産へ

シェア拡大へ台湾の鴻海精密と提携

 8月10日、中国のスマートフォンメーカー大手、小米科技(シャオミ)は、電子機器受託製造大手の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と提携し、世界3位のスマホ市場であるインドで同社製品の生産を開始する。5月撮影(2015年 ロイター/Pichi Chuang)

[ムンバイ 10日 ロイター] - 中国のスマートフォン(スマホ)メーカー大手、小米科技(シャオミ)[XTC.UL] は、電子機器受託製造(EMS)大手の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>と提携し、世界3位のスマホ市場であるインドで同社製品の生産を開始する。

コスト削減とインドでのシェア拡大が狙い。インドのモディ政権が進める製造業誘致政策「メイク・イン・インディア」にも大きな弾みがつく。

鴻海は今後5年間でインドに50億ドルを投資する契約に調印している。

インドではこれまで、インフラや部品業者の不足を背景に、中国や台湾から携帯電話端末を調達するケースが多かった。

小米のグローバル副社長、ヒューゴ・バラ氏によると、インド南部アンドラ・プラデシュ州の組み立て工場は、同社初の現地生産拠点となる。

バラ氏は記者団に対し「インド向けの設計にするだけでなく、現地生産することで顧客により近づきたいと考えている」と語った。新工場への投資額については明らかにしなかった。

鴻海精密工業にとってはインド市場への復帰を意味する。同社は昨年、携帯電話生産を受託していたフィンランド通信機器大手ノキアがインド工場の閉鎖を決めたため、撤退を余儀なくされた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT