最強企業・アップルを生んだジョブズの功績

最強企業・アップルを生んだジョブズの功績

10月5日(米国時間)のスティーブ・ジョブズ死去発表を受け、世界中に彼の死を悼む声があふれた。米国、ヨーロッパ、日本、中国などの直営店には献花、キャンドル、メッセージカードなどが集まった。米大統領、ロシア大統領など、世界中の多くのVIPがジョブズの功績に対して最大級の賛辞を送り、56歳の早過ぎる死を悼んだ。

ジョブズは1997年に破綻寸前で資金繰りに窮していた古巣のアップルに復帰。そこから人々の日常生活を変える新製品を次々と世に送り出し、世界最大の株式時価総額を誇る企業へ成長させた。この功績は、輝かしいものだ。

が、ジョブズが名経営者としての評価を固めたのは、35年に及ぶ経営者としての人生のうち、最後の5~6年程度。今では過去についても神格化が進みつつあるが、評価は賛否両論、真二つに分かれる。

「負け」を認めて生存権を確保した

草創期のアップルを支えたのは共同創業者のスティーブ・ウォズニアックだった。ジョブズは、しばしばその功績を横取りしただけの小ずるい人間と見られてきた。

「ウィンドウズはマックのコピー。創造性のかけらもない」と言い続けるさまは、負け犬の遠ぼえのようだったし、今では最高と評される独特のプレゼンも、熱烈なマックファンに向けた特異な説教に見えたものだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。