(第76回)2012年度新卒採用総括 学生の動き2

 

●ソーシャルメディアの利用目的は「友人との情報交換」

ソーシャルメディアの利用目的は、文系、理系ともに同じ傾向を示している。

主目的は「友人との情報交換」、次いで「他の就活生からの情報収集」。こういう守りの使い方もできるが、実名登録が原則のFacebookは企業情報を得ることもできるし、大学のOB/OG探しに使うこともでき、攻めの就活の有力な武器である。積極的な学生は利用するだろう。

そして企業の利用が増えてくれば、学生は活用せざるをえなくなるだろう。

図表3:ソーシャルメディアの利用目的

 

●増大するスマートフォン利用学生

いつでもどこでもすぐにネットにアクセスできる利便性が受けて、スマートフォンの利用は大きく伸びている。スマートフォンを利用する学生は48%で、携帯とスマートフォンの両方を使い分けている学生も11%いる。

文系学生はiPhone端末の利用者が圧倒的に多いが、理系学生にはAndroid端末もほぼ同程度利用されている。グラフではわからないが、大学グループ別に見てみると国公立大生のスマートフォン利用率は、私立大生と比べてかなり低くなっている。

図表4:スマートフォン、携帯電話利用状況

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT