大丸松坂屋が一等地の再開発で目指すもの

東京銀座と大阪心斎橋でビッグプロジェクト

銀座エリアに誕生する最大級の複合施設の狙いを語った山本良一社長。
2015年上半期、全国の百貨店売り上げは2兆9812億円と前年から約2.3%減った。単月ベースでは2月、4月、5月は前年比でプラスに転じたが、6月は再びマイナス。消費税増税の落ち込みからの回復は一進一退だ。一方、上半期は訪日外国人が46%増の914万人と過去最高を記録して右肩上がり。こうした追い風をどう生かすか。大丸と松坂屋を抱えるJ. フロント リテイリングの山本良一社長に聞いた。

 

──免税品の売り上げの伸びが著しい。

ビザの発給要件緩和や円安を背景として、中国人を中心に、日本を訪れる外国人客が急増している。これまでは春節休暇中などが盛況だったが、今はオールシーズンだ。2013年度に64億円だった免税品売り上げ(大丸と松坂屋の合計)は、2014年度に151億円まで伸びた。

2015年度の第1四半期(3~5月)の売り上げは90億円と予想を上回るペースで着地したため、通期の見込みを250億円から350億円に引き上げた。中でも、大丸心斎橋店の免税品売り上げは前年同期比5倍で、その売り上げ規模は全体の21.6%に達している。

中国の株価急落で懸念されているが、6月、7月も好調だ。ただ今後、時間差で影響が出てくるのかどうかを注視する必要はある。

──一方で、富裕層向けの高額品と免税品以外のボリュームゾーンの商品が苦戦している。

一般カード顧客の消費動向を見ると、単価は上昇、客数は横ばいだが、1人当たりの買い上げ点数が落ちている。昨年は消費増税など物価上昇に伴う実質所得の減少が響いた。今年に入って、ベースアップや賞与の増加といった動きが徐々に見られ、持ち直しに期待している。

変化に素早く対応しなければならない

──そのボリュームゾーンの中で婦人服が苦戦ぎみだ。

婦人服は、H&Mなどのファストファッションの台頭や、ネット通販、郊外ショッピングセンターなど競争が激化している。百貨店は、女性衣料の在り方を見つめ、変化に素早く対応していかなければならない。たとえば今は、ガウチョパンツ(ふくらはぎ丈のゆったりしたズボン)が流行している。これまでになかったアイテムなので、新しい着こなしを積極的に提案していく。

一方で紳士服が堅調なのは、個人的な仮説だが、共働き世帯が増加していることが背景にあるのではないか。かつては30代後半から40代向けの紳士服は売れ行きが鈍かった。住宅ローンや子供の教育費などにおカネがかかり、お父さんの服は後回しにされた。今は共働き世帯で収入が増加し、男性は自分の欲しいものが買いやすくなっている。街を歩く若い男性を見ても、良いスーツを身につけていておしゃれになっていると感じる。

次ページ銀座をさらに活性化させる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT