イギリス政府、RBS株の売却を開始

7年間の保有に区切り

8月3日、英政府は大手銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の株式売却を開始した。政府は先の金融危機でRBSを救済して以降、7年にわたり株式を保有しており、今回の売却は一つの区切りとなる。写真は5月27日、チューリヒで(2015年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ロンドン 3日 ロイター] - 英政府は3日、大手銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)<RBS.L>の株式売却を開始した。政府は先の金融危機でRBSを救済して以降、7年にわたり株式を保有しており、今回の売却は一つの区切りとなる。

政府のRBS株を保有管理するUKフィナンシャル・インベストメンツによると、初回の売却額は20億ポンド(31億ドル)。売却株式数は約6億株で同行の5.2%に相当する。主幹事によるとプライシングは1株330ペンスで、3日終値を2.3%下回る。

英政府は先の金融危機時に458億ポンドの公的資金を注入してRBSを救済、78%の株式を取得した。当時の取得額は1株平均502ペンスで、政府は足元150億ポンドの含み損を抱えているが、損失覚悟で売却を開始する。今回の売却で出資比率は73.2%に低下する。

主幹事によると、すでに全株式の売却に見合う注文を確保したという。売却は翌4日の市場での取引開始前までに完了する予定。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。