多くの自動車にサイバー攻撃の危険性がある

FCAの140万台だけではない

 7月31日、米NHTSA局長は、サイバー攻撃リスクはフィアット・クライスラーにとどまらないとの認識を示した。写真は車内の電子計器盤。ニュージャージー州で24日撮影(2015年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)のローズカインド局長は、自動車のサイバー防衛問題はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)にとどまらず、他のメーカーにとってもリスクとの認識を示した。

FCAは今月、ハッキング対策のため140万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

ローズカインド局長はフィアット・クライスラーにワイヤレス部品を供給したサプライヤーについて、他の自動車メーカーとの取引状況を調査しているとし、「目下、業界全体の脆弱性の程度を見極めることに注力している」と語った。

米国では、サイバー防衛の研究者がクライスラー車を使ってハッキング攻撃を加える実験を実施。エンジンや、ハンドルなどを遠隔操作する模様を公開した。車がハッカーに乗っ取られるリスクが浮き彫りとなり、FCAのリコールにつながった経緯がある。

ローズカインド局長はまた、NHTSAが実験を行なったサイバー防衛の研究者らとすでに接触したことも明らかにした。ハッキングのリスクについて一段と理解を深めるだけでなく、これを受けて自動車業界がどの程度こうしたリスクを認識し、対策に取り組んでいるのかについても注視していく考えを示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT