新しい世界、新しい常識を創ることが、リーダーシップにおける基本的な振る舞い方--原田泳幸・日本マクドナルドホールディングスCEO(中)

新しい世界、新しい常識を創ることが、リーダーシップにおける基本的な振る舞い方--原田泳幸・日本マクドナルドホールディングスCEO(中)

2011年8月29日に行われた日本マクドナルドホールディングス代表取締役会長兼社長兼CEOの原田泳幸氏の講演録の第2回目。
 
         −−−−−−−−−−−−−−−−−−

こうやって見ていきますと、私どもの顧客に対する価値は2つあります。まずは有形の価値である最も納得感、お得感の高いメニュー。そして無形の価値である利便性です。社内ではスーパー・コンビニエンスと呼んでいますが、徹底してお客様の利便性という価値を高めていくことです。

当初の “Speed of service”から始まり、ブレックファスト、ダイニングテーブル、そしてドライブスルーという独自の利便性を発展させてきました。最近では24時間営業、さらに今後はデリバリーです。こういった利便性の追求は成長の大きな柱になっています。そのほか価格改定、地域別価格やeマーケティングの展開、フランチャイズ構造改革なども行っています。

ここで大事なことは、シーケンスでのいちばん下のレイヤーであるQSC(品質、サービス、清潔さ)が普遍的な第一優先順位だということです。公園にある木がもっと大きく成長するためには、どんどん根を張っていく必要があります。QSCが崩れると、その上に重ねていく活動、投資は、リターンを担保できないということになるのです。

このような形で、7年連続マイナスの時代から、今年を入れて8年連続プラスへと切り替えました。決してロケット・サイエンスを行ったわけではなく、基本中の基本を行ったのです。業績についても、全店売上高は2003年の約3900億円から10年は5400億円まで上がりました。

累積で25%以上の値上げを実施

さて、前述のようなシーケンスを伴った活動計画を実現するためには、それはいろいろな改革が必要でした。この改革についてあらためて少しお話しします。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。