Facebookが「巨大ドローン」を作った理由

辺地でもネット環境提供へ

 7月30日、米フェイスブックは、辺地でもネット接続を可能にする巨大ドローン(無人機)を完成させたと明らかにした。5月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[メンローパーク(米カリフォルニア州) 30日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、辺地でもネット接続を可能にする巨大ドローン(無人機)を完成させたと明らかにした。年内にも米国で試験飛行に着手するとしている。

翼幅は米ボーイング<BA.N>の「737」型機と同等の大きさで、1回の飛行時間は90日という。

同社は「世界中すべての人にネット環境を」との目標を掲げており、ドローンの取り組みもこの一環。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。