Facebookが「巨大ドローン」を作った理由

辺地でもネット環境提供へ

 7月30日、米フェイスブックは、辺地でもネット接続を可能にする巨大ドローン(無人機)を完成させたと明らかにした。5月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[メンローパーク(米カリフォルニア州) 30日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、辺地でもネット接続を可能にする巨大ドローン(無人機)を完成させたと明らかにした。年内にも米国で試験飛行に着手するとしている。

翼幅は米ボーイング<BA.N>の「737」型機と同等の大きさで、1回の飛行時間は90日という。

同社は「世界中すべての人にネット環境を」との目標を掲げており、ドローンの取り組みもこの一環。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。