Facebookが「巨大ドローン」を作った理由

辺地でもネット環境提供へ

 7月30日、米フェイスブックは、辺地でもネット接続を可能にする巨大ドローン(無人機)を完成させたと明らかにした。5月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[メンローパーク(米カリフォルニア州) 30日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は、辺地でもネット接続を可能にする巨大ドローン(無人機)を完成させたと明らかにした。年内にも米国で試験飛行に着手するとしている。

翼幅は米ボーイング<BA.N>の「737」型機と同等の大きさで、1回の飛行時間は90日という。

同社は「世界中すべての人にネット環境を」との目標を掲げており、ドローンの取り組みもこの一環。

人気記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。